100円ショップダイソーでiPhoneのLightning充電ケーブルを買ったら半日で使えなくなった話

2015年7月7日

最近は100円ショップにもiPhone用のLightning充電ケーブルが並ぶようになったと聞いて、確認すべく100円ショップダイソーに行ってきました。

Lightningケーブルが中々100円ショップに並ばないワケ

lightning cable patent

iPhone 5より従来のDockケーブルとは違う小型な新規格のLightning(ライトニング)ケーブルが採用されてから3年近く経過していますが、未だに安価なLightningケーブルは少ない状態。この背景にはAppleがLightningケーブルに採用した認証技術の特許にあり、Appleにライセンス料を払わなければLightningケーブルの認定が受けられず、Appleに認定されていないLightningケーブルはiPhoneに接続した際の認証で弾かれてしまう、といった状況のため、Appleにライセンス料を払った上で安いLightningケーブルを作る事が難しくなっています。この特許に関しては米国特許8708745号であるDual orientation connector with external contacts and conductive frameにて詳しく書かれています。

ダイソーのLightningケーブルを買ってみた

100yen shop lightning cable 1

こちらがダイソーで販売されているLightningケーブル。USBポートからそのまま使えるLightningケーブルと、Androidスマートフォンやモバイルバッテリーなどで使われているmicroUSBケーブルから変換するアダプタタイプの2種類が販売されていました。昨年の時点で発売されているようですが、インターネット上の報告を見ると今年になりパッケージが黄色からピンクになったようです。

100yen shop lightning cable 2

パッケージを見ると最新のiPhone 6・iPhone 6 Plusへの対応を謳っており、iOS 8でも動作確認済みとのこと。

100yen shop lightning cable 4

こちらがLightningケーブル本体。色はホワイト一色となっています。ブラックもあると良いですね。

100yen shop lightning cable 3

こちらはmicroUSBアダプタタイプ。小さいです。

100yen shop lightning cable 5

端子は片面のみに電極がついており、これが格安Lightningケーブルとなっているカラクリ。AppleのLightningケーブルの特許はリバーシブルの両面対応である事が要件に入っており、このケーブルは片面でしか利用できない事から特許を回避し、100円での格安販売を実現しているものと見られます。使う際は「UPSIDE」印刷のある側を上にして使いましょう。

100yen shop lightning cable 6

iPhone 6で使ってみたところ。OSのバージョンは現時点で最新のiOS 8.4。問題なく充電できています。なお、通信はできない充電専用ケーブルのため、iTunesと同期したりする事はできません。

100yen shop lightning cable 7

あえてUPSIDE側を下にして挿入してみましたが、反応無し。パッケージ通り片面のみ対応のケーブルとなっています。

100yen shop lightning cable 8

microUSBアダプタタイプも同様の仕様となっています。

翌日の事……

100yen lightning screenshot

翌日の朝、iPhoneに100円Lightningケーブルを差してみると怪しげな表示が。「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、このiPhoneで正常に動作しない可能性があります。」ということです。

パソコンではなくコンセントから直接USBポートで充電できる充電器に挿入してみた充電表示にはなったので、パソコンからの充電には向かないのかもしれません。また、USB充電器であっても抜き差ししていると同様のメッセージが出てきたりもするので、あまり信頼できるケーブルとは言えないですね。

ただ価格が100円と格安なので、出先でうっかり充電ケーブルを忘れてしまい、近くに100均があったらダメ元で買ってみる、といったシチュエーションには良いかもしれません。

信頼できるケーブルが欲しければMFi認証マークをチェック

冒頭で話したLightningケーブルのライセンスですが、しっかりライセンス料を払ってAppleに認定してもらったケーブルのパッケージには「MFi」のロゴが印刷されています。MFiとはMade For iPhone/iPad/iPodの略。Apple製品のために作られ、Appleの認定を受けた製品のみに許されたマークです。

家電量販店などで販売されているものは殆どがこのMFi認証を取得済みの物ですが、中々良いお値段となっています。一方Amazonなどの通販ではMFi認証済みのLightningケーブルが1,000円未満で売られていたりするので、きちんと使える物が安く欲しければレビュー欄などをしっかりチェックしつつ、通販で購入するのが一番の安上がりなのではないでしょうか。

それでは、また。

Taka

Taka

Twitter: @_tkato

Facebook: tkato.biz

GNEXのデザイン担当です。