勉強中の通知の確認はApple Watchが最適!「通知を見極める」ことで効率的に!

2015年7月22日

皆さんは、勉強や仕事をしている時にiPhoneが鳴ったらどうしているでしょうか?

勉強中にスマホが鳴ったらチェックするべきなのか無視するべきなのか – GIGAZINE

フロリダ州立大学の研究によれば、スマートフォンの通知が鳴ってしまった場合、それを見ても見なくてもパフォーマンスが低下してしまうそうです。

見てしまうと、ついついTwitterやFacebookを見てしまって集中力が切れてしまいます。逆に見なくても、「誰からだろう…」と勉強に集中できなくなってしまいますよね。

しかし、Apple Watchがあればこの問題を解決できるのではないかと僕は考えています。

通知を「見極める」ことの必要性

僕は、「通知を見極める」ことが大切なのではないかと思っています。

一言に「通知」といっても、その内容や重要度は様々です。

暇な友だちがLINEのスタンプを送ってくるのも「通知」ですし、母親から来た晩御飯の献立のメールも「通知」です。

勉強中に暇人に構ってあげる必要はありませんが、自分の食べるもののリクエストは送りたいですよね。

そのためには、iPhoneを取り出す前に通知を見極める必要があるのではないでしょうか。

通知を見ることしかできないApple Watch

Shumbo-Image 2015-07-18 at 19.19.03

Apple Watchを使えば、iPhoneを使うことなく通知を見極めることができます。

Apple Watchをお持ちでない方の中には、「Apple WatchがあればiPhoneなんていらない」と思われている方もいらっしゃるかと思いますが、実際はそんなことは全くありません。

Apple Watchで可能なことは、通知を確認することと、スタンプや音声入力による簡単な返信を行うことくらいです。

そのため、ユーザーの行動としては

  1. Apple Watchに通知が来る
  2. 通知を見極める
  3. 必要であればiPhoneから返信する

という流れになります。

Apple Watchは、通知を見ることしかできないので、集中力を失うことはありません。

機能が限定されているからこそ、こういったメリットもあるのではないでしょうか。

さいごに

「通知を見ることしかできない」とマイナスな評価をされがちなApple Watchですが、僕はこれこそがメリットなのではないかと考えています。

使い方によっては、良いバランサーとして活躍してくれるかもしれません。

最新技術を駆使して、勉強も生活も頑張っていければいいのではないでしょうか。

Shun Kashiwa

Twitter: @shun_kashiwa

Facebook: shun.kashiwa.7

ブログ書いたりWebエンジニアリングしてみたり。浅く広い人間です。