一日でどれだけ回れる?実際に大回り乗車をやってみた。

2015年7月25日

前回の記事でご紹介した大回り乗車ですが、実際に一日でどの程度移動できるのか、実践してみました。 

140円切符

土曜日早朝の5時半。横浜駅にやってきました。早速140円の切符を購入です。

横須賀線:横浜→千葉

横須賀線

今回の大回り乗車は5時39分発、横須賀線成田空港行きからスタートです。

横浜駅

人もまばらな早朝の横浜駅を出発。千葉までずっと住宅やビルが途切れることなく流れていきます。

内房線:千葉→館山

内房線館山まで

6時51分に千葉駅に到着。お次は6時58分発、内房線館山行きに乗車します。

海岸線

これまでの都会的な車窓から一変して緑が増え、時々海を臨むことも出来ます。

内房線:館山→安房鴨川

内房線鴨川まで

8時46分、列車は南国風の駅舎が出迎える内房線の途中駅、館山駅に滑り込みます。

館山駅

ここで9時6分発、同じく内房線の安房鴨川行きに乗り継ぎます。館山まで程ではないですか、ここから先の区間でも途中で海岸線を走ります。当日は非常に残念ながら霧に覆われてしまいましたが…。

外房線:安房鴨川→大網

外房線大網まで

9時47分、内房線と外房線の境界駅、安房鴨川駅に到着。

安房鴨川駅

鴨川シーワールドの最寄り駅のため、ホームにちょっとした水槽が置いてありました。お次は9時56分発の外房線千葉行きに乗車します。

東金線:大網→成東

東金線

乗車した列車は千葉行きですがそのまま千葉駅まで行ってしまうと不正乗車になってしまうため、途中の大網駅で下車します。

大網駅

11時22分着で、次の東金線成東行きは25分発という少しシビアな乗り換え時間。小走りで乗り換えます。

総武本線:成東→松岸

総武本線松岸まで

20分足らずの乗車時間で終点成東に11時42分に到着しました。30分程待って、12時19分発総武本線銚子行きに乗り換えます。乗り換え時間の間はただただ日陰で休むだけ。NEWDAYSも改札外で、時間つぶしに困る駅でした。

成東駅

駅名標も掠れて薄くなっており、田舎駅の一抹の物寂しさを感じさせます。

成田線:松岸→成田

成田線

銚子まで行ってしまうと折り返しが不正乗車に該当してしまうため、銚子の手前、松岸駅で下車します。

松岸駅

先ほどの成東駅と打って変わって駅名標のデザインが独自の凝った物になっているのが印象的です。13時9分に到着し、乗り換え時間わずか3分で次の13時12分発成田線成田行きに乗り換えます。

成田線:成田→我孫子

成田線我孫子まで

14時28分の成田駅に到着。当日は祭りがあったらしく、多くの人で賑わいを見せていました。

成田駅

この駅も松岸駅と同じデザインの駅名標でした。引き続き14時45分発、成田線我孫子行きに乗車します。

常磐線:我孫子→友部

常磐線友部まで

15時26分に我孫子駅に到着。

E531系

対面乗り換えですぐ常磐線に乗車できましたが、この先での乗り継ぎ時間や食糧補給を考えてあえて一本見送ります。この駅はホームに立ち食い蕎麦と売店が並びます。売店は今時珍しくJR系の店ではなく、品揃えは少し寂しい感じ。おにぎり等も売っていないため、そばアレルギーの人が小腹を満たすには厳しい駅かも知れません。取手行きを見送って15時46分発の勝田行きに乗車します。

水戸線:友部→小山

水戸線

17時5分に常磐線の途中駅、友部駅に到着です。綺麗な駅ではありますが自動販売機の他には何もありません。

友部駅

水戸線と常磐線はあまり接続がよくない場合が多いため、改札内には多くのベンチが並びます。座布団が敷いてあるあたりに駅員さんの優しさが感じられますが、本音を言うとカフェか何かが欲しいところです。今回は接続のよい列車に乗車したため、12分だけ待って17時17分発の水戸線、小山行きに乗車します。

水戸線車内

国鉄の電車が田園地帯を行きます。だんだん夕方の気配が漂ってきました。

両毛線:小山→高崎

両毛線

18時22分に小山駅に到着。

dsc04629jpg_19599596312_o

この駅は改札内にNEWDAYSやベックス、ドラッグストアなど多くの店が軒を連ねている貴重な補給スポット。ここで夕食用の弁当を購入し、18時35分発の高崎行きに乗り換えます。

dsc04630jpg_18985618043_o

いよいよ日が沈みます。

八高線:高崎→高麗川

八高線高麗川まで

20時32分、高崎駅に到着です。

高崎駅

ここから先は高崎と八王子を結ぶ八高線の非電化区間に乗車します。大回り乗車唯一の気動車です。

八高線:高麗川→八王子

八高線八王子まで

22時17分に高麗川駅に到着。非電化区間はここまで。ここから先は再び電車になります。

八王子行き

22時20分発の八王子行きに乗車します。

横浜線:八王子→菊名

横浜線

いよいよ大回り乗車も最後の路線です。

E233系6000番台

帰路に就く便も考えて、23時5分発の横浜線で菊名まで向かうことにします。

菊名駅

23時53分に菊名駅に到着です。

経路

おおよそ18時間、総乗車距離はなんと757.5kmの旅になりました。この距離は東京から新青森や岡山に向かったり、東京と名古屋を往復したりするよりも長いものになります。

精算券

そして最後に大回り乗車のちょっとした裏技です。横浜から菊名の乗車券は170円ですが、冒頭で購入した切符は140円です。当然精算が必要になります。最初から170円の切符を購入していた場合、自動改札は通ることが出来ず有人改札で駅員さんに乗車経路を説明する必要がありますが、精算機で精算した後の精算券では自動改札を通ることが出来ます。説明が手間な場合は是非どうぞ。

都会、田園、山に海と多くの景色を僅かな運賃で楽しむことが出来る大回り乗車の旅。週末や夏休みなど、休みで一日暇な日に試してみてはどうでしょうか。

僕は18時間電車に乗り続け、翌日腰痛となったことは言うまでもありません。

とーもす

とーもす

Twitter: @tnet0214

Facebook:

しがない文系大学生です。旅行、ガジェット、アニメなどなど、広く浅く。